久米島の後悔しないホテル選び

はての浜で最近知名度を上げている沖縄の離島・久米島への旅行で大切なのが宿泊先の選定。目的によって泊まるべき宿は大きく異なります。口コミやランキング評価も含め、役に立つ情報を集めてガイドします。もしお役にたてましたら、ここから予約していただければ幸いです。

[PR]スーツケースやカメラなど!旅行用品をレンタルするならDMMレンタル!

【はじめに】◆久米島のホテル選びは慎重に

【交通機関】◆久米島への行き方 ◆久米島のバス ◆久米島のタクシー

【情報収集】◆久米島のパンフレット

【オプショナルツアー予約】◆久米島のオプショナルツアー(アクティビティ)を予約

【大規模ホテル】◆久米アイランド ◆イーフビーチホテル ◆サイプレスリゾート ◆ガーデンヒルズ(未公開)

【中規模・小規模ホテル・民宿】公開未定 【ATM】公開未定

【地元食品・お土産】コンビニ スーパー お土産店(未公開)

久米島は単体のガイドブックがない島なのですが、ダイバーには人気があります。時折採り上げられていますが、
最近ではこんな本(雑誌の特集)が出ていました。ダイバー2016年8月号は、「土屋アンナ流 久米島ファミリーバカンス」が特集されています。もう販売期間はとっくに終了していますが、バックナンバーとしてもネット書店では中古でも新品でも手に入ると思いますので、気になる方は読んでみてはいかがでしょうか。

説明文にはあります。
土屋アンナ流 久米島ファミリーヴァカンス
澄み渡る海に囲まれた久米島は、ダイバー人気の高いダイブサイトとして有名ですが、さらに子連れファミリーでも安心して海を楽しめる要素にあふれています。
それを検証すべく「家族旅行はほとんど海! 」という土屋アンナさんファミリーとともに、夏の久米島を訪れました。
思いもしなかったアノ大物生物とも遭遇し……詳しくは誌面をご覧ください!

ダイバー 2016年 08 月号

新品価格
¥980から
(2016/12/13 21:15時点)


土屋アンナさんも行かれてるんですねえ。確かに、久米島は大規模なホテルもいくつもありますし、それであって田舎でもあり、楽しみもいっぱいあるし、飲食店もそれなりにあるし、安全度も高めで、海ガメ館やホタル館など教育にもなりそうな施設もあるしで、家族で行くにも丁度いいですよね(藪のほうに行く時はハブだけは気をつけてね!)。

 にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

moyakume
10月23日日曜の「モヤモヤさまぁ~ず」(テレビ東京)沖縄・久米島編を見て久米島に行きたくなる人も増えると思います。
特に今回は狩野アナ卒業後の新アナ福田典子アナ(テレ東中途採用)紹介を兼ねること、それにより番組のパブとなる報道数もいつもよりも多いこと、いままでその役割(初回)を背負っていた北新宿ではなく久米島を選んだということで、確実に通常回よりは視聴率も高いでしょうし、印象も深いでしょう。
続きを読む

 にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

出かける前に見ておきたい!! 無料冊子

久米島、書籍では情報が掴みづらいという難点があります。1冊単位で出される観光ガイドは少ないのですね。近年人気が高いのは別の島だからしょうがないよなあという点もあるのですが。その分、観光パンフレットは多数発行されているので、実は現地に行ってから、空港出口あたりでパンフ漁ってもそんなに困らなかったりもするのですが。

でも、行く前に事前に情報、ちょっとでも掴んでおきたいですよね。Webでみればいいのですが、一覧性のあるまとまったものを先に読んでおくと、多少気が楽になります。

これ、ネットで手に入るものがいくつかあるんですよ。
続きを読む

 にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

オプショナルツアーは現地に行く前に予約してしまいましょう


旅行にツアーで行く、あるいは自由旅行で行くという場合でも、意外と時間が余ったりすることありますね。
そんなときは、予め旅行前にオプショナルツアーを申し込んでみてはいかがでしょうか。
久米島の場合、主催会社によって日によっては定員の関係で埋まってしまうこともありますので、早めに予約したほうがいいと思います。
(気になる天候関係に関しては、(前日までに)主催会社に問い合わせておくと柔軟に前後の日付に変えてくれたりするところもあります。当日にやっぱ…っていう変更は、よほどの荒天以外は難しいかもしれません。いずれにしても、天気予報の確認は重要です。ただ、島の天気って、海外でもそうなんですけど天気予報が度々外れることもあるんですよね…)まあそれはそれで前日確認を徹底していればなんとかなることも多いです。

続きを読む

 にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

基本は町営バスを使おう

久米島町営バスがあります。時刻表路線図料金表

・空港線(営業所発―空港行、空港発―営業所行)1日各7便(運休で実質6便) 
・一周線右回り(時計回り)、一周線左回り 1日各5便
・島尻線(1日3便)
・嘉儀山線(1日2便) 

※すべて28年5月現在のため、あとあとでご覧になられた場合バスの増減あることがあります。最新の情報をご確認ください。また島時間で若干のずれがあることがあります。焦らずに。

詳細は、リンク先のPDFなどをごらんください。また、同様のバス時刻表を久米島の商工観光課が配っているので、空港等でのパンフレット棚やホテルでのパンフレット棚で。 便数が少ないので、用事の行き帰り両方を時刻にあわせるよりも、片道はバスで行って片道はタクシーで戻ってくるなどのフレキシブルな形で移動したほうが楽かもしれません。
続きを読む

 にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

↑このページのトップヘ