久米島は単体のガイドブックがない島なのですが、ダイバーには人気があります。時折採り上げられていますが、
最近ではこんな本(雑誌の特集)が出ていました。ダイバー2016年8月号は、「土屋アンナ流 久米島ファミリーバカンス」が特集されています。もう販売期間はとっくに終了していますが、バックナンバーとしてもネット書店では中古でも新品でも手に入ると思いますので、気になる方は読んでみてはいかがでしょうか。

説明文にはあります。
土屋アンナ流 久米島ファミリーヴァカンス
澄み渡る海に囲まれた久米島は、ダイバー人気の高いダイブサイトとして有名ですが、さらに子連れファミリーでも安心して海を楽しめる要素にあふれています。
それを検証すべく「家族旅行はほとんど海! 」という土屋アンナさんファミリーとともに、夏の久米島を訪れました。
思いもしなかったアノ大物生物とも遭遇し……詳しくは誌面をご覧ください!

ダイバー 2016年 08 月号

新品価格
¥980から
(2016/12/13 21:15時点)


(※現在はKindle版電子書籍もあり)土屋アンナさんも行かれてるんですねえ。確かに、久米島は大規模なホテルもいくつもありますし、それであって田舎でもあり、楽しみもいっぱいあるし、飲食店もそれなりにあるし、安全度も高めで、海ガメ館やホタル館など教育にもなりそうな施設もあるしで、家族で行くにも丁度いいですよね(藪のほうに行く時はハブだけは気をつけてね!)。


他の沖縄ブログも見て、旅行の参考にしよう。