cypress

島内随一のリゾートだが、立地がやや人を選ぶ印象。空港・フェリーの来る港から近く、繁華街からは遠い(バス・タクシー移動になる)ので、ホテル内でゆったりと過ごす人または車・免許のある人向け


建物は1990年築、旧名はサンリーフリゾート久米島だった。2000年に一度閉鎖。ユニオンキャピタルが買収し4-5億円をかけて改装しており、2007年から現在の名称で営業。同社系のU&Rホテルマネジメントが運営。建物自体はきれいに改修されている。

施設や周辺環境について



繁華街から離れていることもあり、逆にリゾートホテル感のある宿(部屋の印象は人により、ビジネスホテルランクという考えの人もいる)。全体に部屋は広く、全室シンリ浜オーシャンビュー(目の前のビーチは遊泳には不向き)。キーはカード式。高層階になればなるほど眺望はよく、スイート系の部屋がおすすめ。エレベーターは1つのため、中央部から離れた部屋はかなり歩く。年配の場合は、エレベーターから近い中央部の部屋を指定したい。エレベーターは閉まるのが早い。プール営業時間は19時までとやや短い。

立地は空港から近いので(車で3分)、無料シャトルバスがある。つまり空港とこのへんしか行かない人なら、楽しいかもしれない。飛行機の離発着が見えるときもある。2016年からフィットネスがなくなり大浴場がオープンした。イーフビーチホテルもヤギを飼っていたが、こちらのホテルでもやはりヤギを飼っている。

他、兎、陸ガメがいる(時期によってはいないかもしれない)。

近所に飲食店やコンビニはなく、ホテル内でのレストランや売店利用であれば問題ないのだが、外に出るのには若干不便か。だが、アクティビティの用意は多い。またホテルからも手配可能なレンタカーがあれば、どこにでも出られるので文句はないかと思われる。Booking.comやTripadvisorの評価は高い。

部屋はスイートの写真がよく出ているが、一般の部屋は普通で広めなもの。

▲プレミアオーシャンビュー
少しリゾート感がほしい人はスイート以上にしたいところ。アンバサダ―スイート(60㎡)は各フロアの角部屋にあり、それなりの部屋数があるが、サイプレスイートは限定2室(60㎡)。他、ジュニアスイート(45㎡)などもある。

▲限定2室のサイプレススイート(60㎡)

サイプレスで改善が必要とされる点


良くない点は一部の従業員の接客、スタッフ数の少なさ、サービスの島っぽい対応、ビジネスホテルな対応。清掃、また夏季の虫(これについては島内で薬剤を買って対処か)、一般的なルームのユニットバス等(これは物理的に交換できないので、しょうがないかも、ランク高めなサイプレススイートは猫足の西洋式バス。また大浴場が出来たので、そちらで代替できる)。あとは(立地なのでどうにもならないのだが)とにかく繁華街から離れているため、街に出るとどこもタクシー代がかさむこと。たとえばイーフビーチ民宿(飲食)街や中心市街地に出るまでも片道数千円かかってしまうので、サイプレスからだと億劫になって送迎付きのオプショナルツアーでないと外に出なくなってしまいがちだ。予めわかった上で行く、あるいはレンタカー等を利用できば、そんなに苦にはならないだろうか。お出かけにバスを利用する分には、片道分は浮くのでいいだろうが…。ここから送迎付きの「はての浜ツアー」は1業者しかないようなのだが、それも賛否わかれる感想がネットには上がっているなど、出入り業者のどこと接するかによってもホテル評価は変わってくるようだ。

家族連れが少ないので、比較的落ち着くかもしれない。最高という人と最低という人にわかれる。島に過剰な期待を求めたり、理想とする点数が高い人には向かないかもしれない。逆に、のんびりしようと、そして「島のホテルだから」という気持ちでいれば、いろいろと妥協できるところは妥協でき、むしろ楽しいのではないか。不自由を楽しむ、それが島の面白い所だから。

【ご予約・ご検討は下記リンクから】

サイプレスリゾート久米島 
写真提供:じゃらん

楽天トラベル派の方は下記から。 
楽天は口コミがもの凄く多いから
参考になりますよ。